引っ越し業者 埼玉

埼玉の引っ越し業者の1番簡単な選び方

引っ越し業者 埼玉

引っ越し 見積もり 埼玉

引っ越し 価格 埼玉

引っ越し 料金 埼玉

引越し 業者 埼玉

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。

 

でも、電話帳やインターネットで調べると埼玉県だけでも600件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越しと繁忙期

 

引越し時期と繁忙期

 

引越しには繁忙期と通常期があります。
繁忙期は1年のうちで最も引越し業者が忙しい時期なので通常期よりも費用が高くなります。

 

繁忙期とはいわゆる3月前後のことで、大学生の合格発表が2月でそれから4月の新学期までに一人暮らしや寮に入るために引越しをする人が多い時期です。
ほかにも新社会人になるために地方から上京してくる人、春の人事異動で転勤してきたサラリーマン一家と、とにかく引越しする人が多いのです。

 

もしできるなら繁忙期の引越しは避けた方が無難です。
業者を探すのも大変ですし、費用も高いので、できれば他の月にしたほうがいいと思います。

 

どうしても繁忙期に引越しするのであれば、準備のスピードが大切です。
まだ大丈夫・・・と契約を先延ばししていると予約がいっぱいになってしまい契約ができなくなることが本当にあるのです。

 

そんな時期ですから早めに動いて、少しでもお得に引越ししてくださいね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越し業者に見積もりを取るタイミングは、新居が決まってからがオススメです。
なぜなら、新居の階数やエレベーターの有無などの物件の情報がなければ、正確な金額を計算することができないからです。

 

そして荷物は早めに梱包しましょう。あまり使わないものや季節外れの洋服などから梱包しましょう。
不用品があれば、売るあげる捨てるなどしてできるだけ引越し前に処分してください。不要品の送料もかかりますからもったいないです。
荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるのでできるだけ余裕のあるうちに計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。
これは引越しの2週間前から提出することが可能です。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、その日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
詳しいことは電話にて確認してください。
そして同じ市内での引越しなら同じ会社で手続きができますので、引越し日から新居で使えるようにしてもらってくださいね。

 

最寄りの郵便局に行って引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をしてください。
1年間は転送してくれるのでその間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運びます。
これらは引越し業者では運べないものですし、もし破損しても保険が利かないものもありますから自分管理で行いましょう。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。

 

 

引越しと初期費用

 

引越し 初期費用

 

引っ越しにはお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用などです。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で、入居の時に貸主に預ける形になっています。
部屋を綺麗に使って修理する箇所が少なければ、退去時に使わなかったお金が返還されることもあります。
契約内容によっては返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたもので、指定されている場合は支払う必要があります。
ただ最近は礼金ゼロという物件も見られるように。
部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいるようです。

 

物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
いま家賃の滞納が社会問題となっていますので、まとめて先払いさせることでちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。貯金がないと引越しも出来ませんね。

 

しかし逆に1か月フリーレント、つまり1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという貸主もいます。
考え方は人それぞれですね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
これは法律で決まったものはありませんので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によってちがいます。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近は一人っ子や一人っ子などいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼する人も多くなりました。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しなければなりません。
例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ、火事を出した相手に賠償を請求することはできないのです。
もらい火でも自己責任ですから、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行いましょう。
もし前の住人がスペアキーを多めに作っていた場合、やはり他人が自分の家のカギを持っていることになります。
場所も知っているわけですから、気持ちのいいものではありませんね。
鍵の交換費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら、ご近所にあいさつに行きましょう。
どこのお宅まで行けばいいのでしょう。

 

マンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅まで行くのが一般的です。
この他にもマンションの管理人さん、大家さんも近くに住んでいるようなら、挨拶しておきましょう。

 

一軒家の場合は、ゴミ当番のこともありますので自治会長さんなどにも挨拶しておくと安心かもしれません。

 

挨拶に行くタイミングですが、引越ししたらできるだけ早くが一般的です。
引越し当日、遅い時間になるようであれば翌日に行きましょう。

 

引越しの時は案外長時間トラックが止まって作業をしていたり、足音が響きますから早めに挨拶に行って、印象を良くしておきましょう。

 

何か手土産を用意しておくと行きやすいです。
高価なものでなく、500〜1000円程度のもので結構です。

 

人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。
第一印象は大事にしたいですね。

 

 

埼玉の引っ越し業者の一覧

 

三八五引越センター
354-0044
埼玉県入間郡三芳町大字北永井120
049-259-0385

 

アイシン引越センター
334-0013
埼玉県鳩ケ谷市南7丁目7−2
048-295-8765

 

(株)おかだ引越センター
340-0051
埼玉県草加市長栄町199−9
048-653-2121

 

JRC日本引越センター埼玉中央センター
331-0804
埼玉県さいたま市北区土呂町392
048-652-3133

 

ひっこし専門草加・三郷センター
340-0815
埼玉県八潮市八潮4丁目6−3
048-994-1011

 

 

 

 

結婚を機に引っ越し

 

昨年の12月に結婚し、今年の1月に旦那と一緒に住むことになりました。
私と旦那はもともとプチ遠距離で、それぞれ別の県に住んでいたのですが、結婚を機に、旦那の家の近くに、二人で暮らせる家を借りることにしたんです。
その時

 

私は妊娠7か月。赤ちゃんとの暮らしも視野に入れたお家を考え、一階の角部屋に決めました。

 

私は妊婦だし、引っ越しの荷物の準備などは全部引っ越し業者に任せようと思っていたのですが、旦那は「お金がないから自分たちでする」といい、引っ越し業者は頼まず。
荷造りはどうするんだろうと思ってみていたのですが、一向にする気配なし。結局私一人で自分の家と旦那の家の荷造りをする羽目になりました。

 

引っ越し当日は、旦那の家族も手伝いに来てくれたのですが、妊婦なんだから座ってていいよと言いつつも・・・という感じで、結局重たい荷物を運ばされ、夜は腰痛で動けなくなりました。
その後も段ボールを片付ける気配すら見せない旦那。結局荷解きも私一人でやりました。

 

この時は、「こんなに重たいもの一人で運ばせて!!流産したら一生恨んでやる!!!」
と思ってたのですが、無事赤ちゃんも産まれ、今ではみんなで仲良く暮らしてます♪